読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フランシスの通販が激安価格っ 2017年度 Franciscanナパ・ヴァレーを買うならココ~!カベルネ・ソーヴィニヨン

葡萄品種構成はカベルネ・ソーヴィニヨン82%!メルロ13%!カベルネ・フラン2%!シラー2%!プティ・ヴェルドー1%。フランシスカンはオークヴィル、ヤントヴィルとカーネロスに葡萄園を有しています。。

これっ!

2017年04月30日 ランキング上位商品↑

フランシス カベルネ・ソーヴィニヨン ナパ・ヴァレー Franciscanフランシスカン カベルネ・ソーヴィニヨン ナパ・ヴァレー [2014] (正規品) Franciscan Estate

詳しくはこちら b y 楽 天

普段のみというよりは、パーティで出すと喜ばれますね。何度も飲んでいるワインです。このワインの購入者の評価も高く!定価の46%OFFの税込2,814円であったので購入致しました。ワイン好きの友人・知人にぜひ奨めたいワインです。中心となるナパ・ヴァレーのオークヴィルの約100haの葡萄園の南隣はオーパス・ワン、東側にシルバー・オークとグロス、29号線を挟んで北側にロバート・モンダヴィといった錚々たるワイナリーに囲まれています。オーパスワンが2万円以上することを考えると、このワインは最高にお買い得だと思います。甲乙つけがたい味わいでした。栓を抜いたときコルクについている色が薄かったのでどうかなと思いましたが!グラスに注ぐとすばらしい香りに濃厚な味があります。自宅で鍋パーティーを開いたときに飲みました。 フランシスカン・オークヴィル・エステートは1972年に設立され、1975年にシルバー・オークのレイモンド・ダンカン氏が購入し、当時既に著名であったワインメーカーのジャネット・メイヤー女史が手掛けた1975年のカベルネ・ソーヴィニヨンは市場で高い評価を得ました。今度は飲み会の時!このワインを持っていき!友人を驚かせたいです。深み・コクがあって!濃厚なんだけど飲みやすいんで結構減りが早いです(笑)このワインは一番のお気に入りで!値段とワインの質の高さが最良です。じっくり飲んでも!パーティで飲んでも美味しいワインです。このワインは本当にうまいです。隣の畑と思った感じで飲むと、がっかりするかもしれません。リピートOKです!アメリカ!カリフォルニア州!ナパ・ヴァレー産。3千円以下でこの味わいはボルドーでは出せないのでは?アメリカのカベルネですが、甘ったるい味わいではなく、ボルドーを意識した深い味わいです。とは言っても、十分なレベルの品質を確保しているのはさすがにフランシスカン!日頃1000円台のデイリーワインしか買わないので、奮発してしまいましたが、そういう自分的にはこのワインは別格です。程よい酸味と旨さが!オーパスワンとはいかないまでも!違う商品としてこの商品の良さだと感じます。いつ飲んでも美味しいワインです。オーパスワンに隣接する畑で取れたというだけのことはあります。2008と飲み比べしてみたいです。先方からは美味しさ・飲みやすさと信じられない安さに感激のてんこ盛りでした。とにかく「赤はちょっと」とか言う人には絶対におすすめのワインだと思います。米国三大ワイン誌の1つ「ワイン&スピリッツ誌」により年に1度発表される、飲食業界限定ワイン総合ランキング【レストラン・ポール】で全米No.1カベルネに選出され、ワイン・スペクテイター誌からは93点、ヒュー・ジョンソン氏からは3ツ星生産者に認定、マット・クレイマー氏からはオークヴィル・トップチョイスに選出、等の高評価を獲得しています。こんなに安くていいのかと思える位、高CPなワインです。ただ、2005年物が自宅のセラーからついに切れてしまい、この2006年物に変わった際に「あれ、少し味が違う」と感じたのは私だけではないはず。抜栓は未だですが、評価は仮の星四つとしておきます。今回は贈り物用として2回購入。良かったです以前、ワインバーで飲んで気に入っていたフランシスカン。ナパワインとして!非常に飲みやすく赤が苦手と言っていた家族も納得の美味しさです。しかし!隣接するといっても!所詮カリフォルニア・・・隣接の意味が日本の感覚とかなりかけ離れているみたいです。くさめのチーズもOKだと思います。同じ日にオーパスワン2005とこのワインを飲み比べてみました。クーポン利用でカリフォルニアの現地価格よりも安いですね。もちろん料理との味もばっちりです。レストランのグラスワインリストならきっと上位に入るでしょう。家のパーティで提供。味わいは最初重いですが!飲んでいるうちに味わいがまろやかになってきます。たくさん食べてたくさん飲む企画でしたが!酔ってしまう前に出したところかなり好評でした。かつては3千円を超えてましたが!円高の影響からか!3千円を割っておりコストパフォーマンスに富んだワインです。しかし専門家のいなかった彼らの事業は失敗に終わり!1975年に売却されることになりました。ナパバレーの2〜7は当たり年と聞きますが!やっぱりね!と感じる一本でした。レビューを見て初めて注文し、届いた3日後に飲みました。しかも!ナパでこの値段は安いと思います。カルフォルニアワインはあまり買ったことが無かったのですが、これからいろいろ探してみようという気になりました。オーパスワンに隣接する畑で取れたという、殺し文句に負けました。3千円を切る価格で重厚感のある味わいは、ボルドーではありえません。凄くまろやかな味でした。2003年にジャネット・メイヤー女史は再び同ワイナリーの運営に参画し!醸造担当ディレクターとしてこめ細やかなワイン造りを行っています!とのこと。一度ワインバーで口にしてから、是非入手したいと思っていたカリフォルニアワインで、値段を見て二度びっくり。寒い時期にお勧めのワインです。1985年にチリの有名ワイナリーであるコンチャイトロの設立者のオーガスティン・ヒュネイアス氏が購入し!大規模な設備投資と葡萄園を小区画に区分けして管理を行う手法を導入しました。